村長通信NO54 新型コロナウイルス感染症対策第二弾

村長の馬場です。

昨日、臨時村議会で国の一次補正残分と二次補正臨時交付金を活用したコロナ感染症対策事業について

予算可決頂きました。

 

事業スキームとしては、1.「感染症対策」、2.「雇用維持・事業継続」、3.「経済活動の回復」、

4.「強靭な経済活動の構築」の4分野からの構成で今後住民周知を行い速やかに事業が実施できるよう

進めます。

 

主な内容としては、新しい生活様式を取り入れて事業継続する事業者等への支援金給付。高校生以上の

学生への緊急支援金給付。児童手当支給世帯への子育て支援金給付。保育所・小中学校教室への空調施

設の整備。村内滞在型観光への支援(DMO法人登記後議会へ報告のうえ)などに加え、小中学校独自のコ

ロナ対策支援となっています。

また、光通信ケーブルの整備についても取り組む準備を進めていることを議会に報告させて頂きました。

 

事業詳細については、今後区会回覧や個別通知で村民のみなさんにお知らせしますので、内容を確認し対

象となる個人又は事業者の方は積極的に活用して頂きたいと思います。

 

新型コロナ「こぼれ話」として書きますが、どうも職員の多くは、出歩くことが多い村長の私が感染確率

が高いと見ていることが解り、私自身も「やっぱりな~」と変に納得してしまいました。

そこで先日、その疑いを晴らすべくPCR検査簡易キットを使い自前で検査をしました。

結果はめでたく「陰性」(確率70~73%)でした。(これで疑いが晴れた。笑)

ただ、あくまでも検査した時点での結果なので安心はできません。

 

引き続き全村で感染予防対策に取り組むことが経済活動を持続させる重要なポイントになります。

村民のみなさんのご理解とご協力を宜しくお願いします。

 

※マスクの配布は継続しておりますので、まだ必要だけど受け取っていない村民の方は、健康支援センター

で配布しておりますのでご活用ください。

 

Twitter

カテゴリー

  • むらのできごと:過去のブログはこちらから
  • 赤井川農業通信
  • 赤井川村農業の概要
  • 役場の組織と仕事 各担当へのお問合せ
  • 北海道電子自治体共同システム 電子申請
  • 「日本で最も美しい村」連合情報
  • 赤井川村気象情報
  • 赤井川村地域包括支援センター
  • しりべし空き家BANK