第3回学校運営協議会推進委員会

11月19日(木)役場会議室にて第3回目の学校運営協議会推進委員会が開催されました。
第3回目となる今回は、第1回目の委員会の際に提示した赤井川村学校運営協議会規則(案)と、
学校運営協議会の今後の取り組み方針について協議いただき、無事承認を得ることができました。
今後は教育委員会議へ規則案を諮り、来年2月に赤井川村学校運営協議会が設置される予定です。
また今回は、協議事項の他に学校運営協議会委員の皆様から各学校の子どもたちへ向けて応援メッセージ
を書いていただきました。
各校の校長先生から学校の取り組みや子どもたちの様子についてお話しいただいた後、それぞれ
の学校あてに記載していただきましたが、皆さんとても熱心に書いていただきました。
このような活動を通じて、今後は学校運営協議会として地域とともにある学校を目指して
行きたいと思います。

 

 

 

 

 

投稿者:教育委員会

教育委員学校訪問

11月17日(火)、例年実施している教育委員による学校訪問が行われました。

都小→赤中→赤小の順に訪問し、授業の見学をした後、校長先生より学校経営概要や

学校での子ども達の様子などの説明を受けました

自分が学生だった頃との授業内容の違いに驚く教育委員さんもいらしたようです。

今回は教育委員が変わられて初めての学校訪問でしたが、各学校ともしっかりと

感染症対策や、換気を実施したうえで授業を行っている様子が確認でき、実りのある

学校訪問になったのではないかと思います。

各校に向けて、教育委員からは「各学校の課題解決に向けて、より一層努力していただきたい」

と激励の言葉を頂き、本年度の学校訪問が終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:教育委員会

 

 

 

赤井川村エネルギービジョン策定委員会の開催

 村では、総合計画に定められている「人口減少に歯止めを掛ける」、「美しく快適で安全なあかいがわ」等の実現に貢献し、地域内での経済循環やエネルギーの多様化・多層化による新たな地域振興・雇用創出の実現を目指すため、経済産業省の補助事業を活用し、エネルギービジョンの策定を進めています。

 本ビジョン策定の検討を行うため、北海道大学石井教授に委員長を就任していただき、各団体の推薦者、アドバイザー、オブザーバーを招集し、委員会を開催しました。

 委員会では、公共施設のエネルギー利用状況をはじめ、再生可能エネルギーの活用について意見が交わされました。

 

IMG_14222.jpg

今後の農林業、観光業の活性化についてご意見をいただきました

 平成27年度に策定された赤井川村総合計画の中間見直しと人口減少対策に取り組むための創生総合戦略の改訂を進めています。

 11月9日には、第3回目となる計画策定審議会を開催し、基幹産業である農林業や観光業の活性化について、新規就農受入の出口対策として優良農地の確保、農産物販路としての道の駅の活用をはじめ、観光面では、魅力ある地域資源の情報発信や今年度設立された赤井川国際リゾート推進協議会(通称:赤井川DMO)に対する期待感について意見が出されました。

 また、審議会委員として参画いただいている北海道銀行小樽支店 沼田支店長より、金融の視点で見る「コロナ禍における小樽・北後志地域の産業動向」についてご助言をいただきました。

 

IMG_13712.jpg

令和2年度第2回目の村有図書購入がありました

11月9日(月)、今年度2回目の村有図書購入があり、本日から貸出しを開始しました。

今回も購入希望のあった図書を中心に、新刊図書、文庫本など計138冊を購入しました。

 

 

 

 

今回購入した図書は、下記のとおりです。

 

 

興味のある本がありましたら、是非役場図書コーナーまでお越しください。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

投稿者:教育委員会

「冷水峠」カルデラ太鼓演奏

11月7日(土)午後1時30分から、村道冷水峠線駐車帯においてカルデラ太鼓保存会
による太鼓演奏を行いました。
カルデラ太鼓保存会では、カルデラ太鼓を郷土芸能として永く伝承するため、小学生から大人まで
少年部と成年部(青年部)に別れて、毎週1回練習をしておりますが、今年度はコロナウイルス感染症のために
イベント等に出演する機会もなく、また、成年部(青年部)のメンバーには中学3年生がおり、
保存会として何か想い出になることが出来ないかと声があがり、冷水峠展望台での演奏が実現されました。
 
 
 
 
 
当日は曇りでしたが、羊蹄山をバックに一番太鼓から第1章、第2章、第3章そして山彦太鼓を演奏、
ドローンの撮影もお願いし記録として残しました。
ぶっつけ本番で望んだ方、曲の途中で終了と勘違いする方などいろいろハプニングもありましたが、
迫力ある演奏はやまびことなって響きわたり、とても想い出深い時間を過ごすことが出来ました。
 
 
最後は、お手伝いいただいたお父さん、お母さんも入って記念撮影です。皆さんお疲れ様でした。
 
 
 
投稿者:教育委員会
 
 

赤井川村文化祭

10月30日(金)から11月1日(日)までの3日間、赤井川村体育館において第50回

赤井川村文化祭が開催されました。

今年は50回目の節目の年でしたが、新型コロナウイルス感染防止のため、例年行っていた小学生の

昔の農機具体験や、ステージ発表が実施できず。少し寂しい文化祭となりましたが、今年も会場には、

児童・生徒の作品とともに、一般の方々からもたくさんの作品を出品していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度は3日間を通じて約330名の方にご来場いただき、無事文化祭を終了することができました。

出品していただいた皆様、準備・後片付けにご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

また来年も、たくさんの方々のご来場をお待ちしております。

 

 

 

投稿者:教育委員会

 

 

 

 

 

 

ジャックオランタンを作りました

10月29日(木)、村の文化祭で展示するカボチャのジャックオランタンを作成しました。

子どもたちは、思い思いの顔をカボチャに描いたあと、小さい子は保護者に手伝ってもらいながら

中身をくりぬいてランタンを制作していました。

初めて作ったという子もいましたが、みんな上手に作ることが出来ました。

 

 

 

 

 

制作したランタンは、文化祭開催期間中体育館の玄関を中心に飾り、夜は中にLEDの

キャンドルライトを入れて、文化祭に色どりを添えていただきました。

参加してくれた皆さん、ありがとうございました。

 

 

投稿者:教育委員会

 

 

立命館慶祥高等学校「観光開発講座」のフィールドワークで来村

平成30年10月に、赤井川村と立命館慶祥高等学校は、地方創生人材育成制度に関する
連携協力について協定を締結しています。
同校では「観光開発講座」において、協定している自治体を対象に観光プランニングを行うことを
目標に授業を進めており、今年度、対象自治体の一つに赤井川村が選定、
10月16~17日にかけて、3名の生徒が来村し、フィールドワークを行いました。
 
 
 
16日は、馬場村長に「赤井川村の魅力や課題について」インタビューし、道の駅、
tomo play park、落合ダムを見学後、キロロリゾートに宿泊。
 
 
 
翌17日はお天気も快晴のもと、ポピヒルズ、山中牧場、赤井川温泉、アリスファームを訪れました。
各施設の皆様には急なお願いにもかかわらず、生徒の対応をいただきありがとうございました。
どんな観光プランニングができるか、今から楽しみです。
 
 
 
投稿者:教育委員会
 

軽スポーツの集い(ペタンク)

10月17日(土)カルデラ公園ゲートボール場にて、軽スポーツの集い(ペタンク)を行いました。

気持ちの良い秋晴れの中、総勢23名の方が参加してくれました。

参加者には簡単にルール説明をした後、4つのチームに分かれてもらい総当たり戦を行いました。

 

 

 

 

今回初めて体験する子もいましたが、みんな上達が早く、ゲームも接戦でとても盛り上がりました。

 

 

参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

来年も「ペタンク」を実施する予定ですので、皆様是非ご参加ください。

また、区会や団体等でプレーしたい希望があれば、道具をお貸しいたしますので、

教育委員会までお申し出ください。

 

 

 

投稿者:教育委員会 

 

 

 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 

Twitter

カテゴリー

  • むらのできごと:過去のブログはこちらから
  • 赤井川農業通信
  • 赤井川村農業の概要
  • 役場の組織と仕事 各担当へのお問合せ
  • 北海道電子自治体共同システム 電子申請
  • 「日本で最も美しい村」連合情報
  • 赤井川村気象情報
  • 赤井川村地域包括支援センター
  • しりべし空き家BANK