原子力防災訓練実施

2月8日(木)、地震により泊原子力発電所の原子炉が自動停止し、

屋内退避が必要との想定で、村内小中学校の避難訓練が実施されました。

どの学校も速やかに体育館への避難をすることができました。

 

 

 

都小学校では、この避難訓練に合わせて、非常食の試食体験も行われました。

この日のメニューは、カレーライスと野菜スープ。

 

 

児童は温められた食事を自分で盛り付け、おいしくいただきました。

 

 

 

 

今回は訓練ですが、本当にあったら大変です。

今回は原発事故を想定してのものでしたが、台風や吹雪などの自然災害により

一時帰宅できないことも想定されますので、今回は良い経験になったのではないでしょうか。

 

 投稿者 教育委員会


コメントする

Twitter

カテゴリー

  • むらのできごと:過去のブログはこちらから
  • 赤井川農業通信
  • 役場の組織と仕事 各担当へのお問合せ
  • 北海道電子自治体共同システム 電子申請
  • 「日本で最も美しい村」連合情報
  • 赤井川村気象情報
  • 赤井川村地域包括支援センター