中学生スキーで全国大会へ

1月17日、先日中学校北海道スキー大会に参加した赤井川中学校生徒が

全道大会の結果報告と、全国大会に向けての決意表明のため赤井川村役場を

訪れてくれました。

 

 

 

今回参加した生徒は、それぞれ自分の力を出し切り、優秀な成績を収めてくれました。

成績は以下のとおりです。

 

◆第50回北海道スキー大会ノルディック競技

 期日 平成30年1月12日~14日  場所 なよろ健康の森クロスカントリーコース

 中学男子5kmクラシカル  17位 佐々木勇舞(3年)  33位 門脇大翔(1年)

 中学女子3kmクラシカル  3位 谷口 結(3年)  5位 高松花乃(3年)

 中学男子5kmフリー  16位 佐々木勇舞(3年)  50位 門脇大翔(1年)

 中学女子3kmフリー  5位 谷口 結(3年) 6位 高松花乃(3年)

 ※谷口 結と高松花乃は全国大会出場

◆第50回北海道スキー大会アルペン競技

 期日 平成30年1月12日~14日 場所 小樽朝里川温泉スキー場

 男子GSL  1位 原山 海(3年)  2位 山中新汰(3年)

 女子GSL  71位 小山和花(1年)

 男子SL  5位 原山 海(3年)  途中棄権 山中新汰(3年)

 ※原山 海と山中新汰は全国大会出場

 

 

原山くんと山中くんは、1月14日付けのスポーツ報知に大きく取り上げられました。

全国大会は2月8日からアルペン、クロスカントリーともに秋田県鹿角市で開催されます。

出場する4人の生徒には、悔いのない滑りと走りで「赤井川魂」を見せつけてほしいと

思います。

生徒の皆さん、お疲れさまでした。そして全国大会での活躍を期待しています!

 

以下は全道大会での一コマです。

 

原山 海選手 

 

山中新汰選手

 

谷口 結選手

 

高松花乃選手

 

 投稿者 教育委員会

冬期弱点克服学習会始まる

夏休み、冬休み期間中、毎年小学生を対象とした「弱点克服学習会」が行われていますが、

1月10日から3日間、冬期弱点克服学習会が健康支援センターで始まりました。

今回参加してくれた児童は29名です。

 

 

この学習会は、冬休みの宿題や、教育委員会で用意したドリルなどで、

2学期までに学んできたことを振り返り、3学期に向かおうというもので、

元教職員や学生、教育委員会職員などが指導をしています。

 

 

児童はみんな真面目に、そして楽しみながら学習をしています。

 

 

3日間みんな元気に来てくれることを願っています。

 

 

 投稿者 教育委員会

平成30年赤井川村成人式

平成30年1月6日(土)、生活改善センターにおいて平成30年赤井川村成人式が

挙行されました。

当日出席した新成人は13名。

 

 

新成人代表からは、感謝と力強い決意が述べられました。

 

 

式典終了後は、みんなでパチリ。

 

 

 

その後は祝賀会へと。

20歳となり、初めてのお酒の味はいかがでしょうか?

 

 

 

久々に会う同級生に、どこも笑顔があふれていました。

 

 

また当日は中学校の担任である恩師も参加してくれました。

成長した新成人を見て、感無量だったようです。

 

 

式典途中には毎年恒例となっているカルデラ太鼓保存会と新成人の太鼓の競演が。

 

 

最後は、新成人一人ひとりからこれからの夢を語ってくれました。

中には「将来は村長になりたい!」という新成人も・・・

 

 

集まった新成人の皆さんにこの成人式は楽しんでいただけたでしょうか。

出席してくれた新成人の中には、まだ学生の方もいます。

これから一人ひとりが立派な社会人として羽ばたいてくれることを望みます。

 

 

 

出席いただいた新成人の皆さん、地域の皆さん、ありがとうございました。

 

 投稿者 教育委員会

赤井川村×神恵内村スタンプラリー後期当選者の抽選

今年の5月~9月7まで開催されていた赤井川村×神恵内村スタンプラリーですが、7月1日~9月30日の応募分の後期当選者が決定しました。

reDSC08076.jpg

 

reDSC08080.jpg

 

reDSC08084.jpg

 

赤井川村の商品を希望した方の当選者の抽選は、赤井川村長、副村長、総務課長によって行われました。

今年は、一年間の期間中で去年の応募総数をはるかに超える応募がありました。

来年度も実施を予定していますので赤井川村と神恵内村に暖かい応援をよろしくお願いいたします。

悠楽学園大学で赤井川中学校文化部による慰問演奏が行われました。

 12月28日(木)、健康支援センターで開催された悠楽学園大学にて、

赤井川中学校文化部による慰問演奏が行われました。

 

2017122801.jpg

 

 顧問の立岡先生の演奏に合わせて、6名の部員による合唱が披露されました。

 

2017122804.jpg

 

 「瑠璃色の地球」など、4曲を熱唱。 

 皆さんも美しい歌声と、見事な演奏に聴き入っています。

 

2017122803.jpg

 

 部員の皆さんは、前日から会場に足を運んで入念なリハーサルをされていました。

 

2017122802.jpg

 

 素晴らしい発表に、惜しみない拍手が送られます。

 

 

 また、会場には、赤井川小学校の3年生が、総合的な学習のなかで赤井川村の歴史を調べようと、

悠楽学園大学の方々にアンケートのご協力を頂き、成果としてまとめた「歴史新聞」が掲示されていました。

 

2017122805.jpg

 

 皆さん、赤井川の昔から現在までがよくまとめられた新聞を、興味津々にご覧になっていました。

 

 

 

 今後も是非、このような世代間交流の機会を設けていけたらと思います。

 

 

 投稿者:教育委員会・保健福祉課

 

放課後子ども教室でそば打ち体験

12月27日(水)、今日で本年の放課後子ども教室は最後となりましたが、

放課後子ども教室の先生が余市手打ちそば愛好会のメンバーであったこともあり、

最後は子どもたちとそば打ちをしたいということで、みんなで体験することに。

当日は、手打ちそば愛好会の方々にもお手伝いいただきました。

 

 

 

参加した児童は12名。先生の作業を真剣に見入っていました。

 

 

その甲斐あってか、児童は愛好会や先生方の手を借りながらも、

初めてとは思えないほど、そば打ちを進めていきました。

 

 

 

 

 

みんなで打ったそばは、愛好会の方々にゆでていただきました。

 

 

自分で打ったそばは、いつものそばとはやっぱりおいしさが違います。

お代わりする子もたくさんいました。

 

 

 

余市手打ちそば愛好会や放課後子ども教室の先生方、そして当日お手伝いいただいた

保護者の皆さん、今日はありがとうございました。

おかけで楽しい時間を過ごせましたし、子どもたちにとっても良い経験になったと思います。

放課後子ども教室は年明け9日から再開します。

子どもたちはそれまで風邪などひかず、元気に過ごしてほしいと思います。

 

 投稿者 教育委員会

北海道中学校スキー大会出場挨拶

赤井川中学校スキー部(アルペン、クロスカントリー)の部員が

来年1月に行われる北海道中学校スキー大会への出場挨拶のため

12月27日(水)、赤井川村役場を訪れました。

 

 

今回北海道大会への出場が見込まれるのは、アルペンスキー3名、

クロスカントリースキー4名。

 

 

来年1月12日よりアルペンスキーは小樽市朝里川温泉スキー場で、

クロスカントリースキーは名寄市なよろ健康の森クロスカントリースキーコースで

開催されます。

選手はそれぞれ、大会で好成績を収めるべく力強い決意を語ってくれました。

年明けには良い結果を待っています。

それぞれ自分の力を出し切り、楽しんでほしいと思います。

 

 投稿者 教育委員会

赤中で総合防災訓練実施

12月22日(金)、赤井川中学校で総合防災訓練(防災学習・非常食給食)が

行われました。

今回は吹雪の日に地震が発生し、雪崩により道路が通行止めとなり、

暴風雪のため下校は危険と判断し、校内待機し非常食給食を食べるという

内容で行われました。

ちなみに生徒に事前通知はしておらず、本当に地震が起きたと思った生徒もいたようです。

先ずは11時38分に緊急放送で地震が起きたことを知らされ、生徒は机の下に避難。

 

 

その後、玄関ホールに集合しました。

生徒にはここでネタばらし。

 

 

その後は調理室で非常食の準備を行いました。

 

 

 

非常食ができるまでは、視聴覚室で暴風雪警報発令時、車の中に取り残されたら

どうするのか・・・など、暴風雪災害の知識や対応方法を学びました。

 

 

 

その後は生徒も楽しみにしていた非常食。

この日のメニューはご飯とみそ汁と肉団子(足りない生徒は追加でハンバーグなど)。

 

 

みんなで食事を楽しみながらも、自然災害が起きた時の大変さを学びました。

 

 

 

村内の小中学校は今日が二学期の終業式。

明日からは楽しい冬休みです(受験生やスキー大会出場者は休んでいせれませんが・・・)。

宿題や家庭学習を忘れず、ゆっくりと正月を過ごしてほしいと思います。

 

 投稿者 教育委員会

赤中家庭科保育実習

12月20日(水)、赤井川中学校の3年生が赤井川へき地保育所を訪れ、

家庭科の保育実習を行いました。

保育所児童は大きなお兄さんお姉さんの訪問に、興奮しっぱなしでした。

 

 

先ずはネームプレートを付けてあげたり、牛乳を注いであげたり児童のお世話を

してくれました。

 

 

 

 

その後はホールで生徒が手作りしてきたおもちゃで遊んだり、一緒に遊戯をしたり、

絵本の読み聞かせもしてくれました。

 

 

 

 

途中にはサンタクロースまで登場してくれました。

 

 

 

最後はお弁当の用意までお手伝いしてくれました。

生徒たちは最後まで笑顔で元気に児童に接してくれました。

 

 

生徒は保育の楽しさと大変さを学んだのではないでしょうか。

この中からいつか保育の道に進む生徒や、親となる生徒もいることでしょう。

その時に今日のことを思い出してくれればいいなぁ。

 

 投稿者 教育委員会

中学生救急救命講習

12月19日(火)、赤井川中学校で救急救命講習が行われました。

当日は北後志消防組合赤井川支署の職員が来校し、

心肺蘇生法などを教えていただきました。

参加したのは赤井川中学校の2・3年生。

 

 

先ずは生徒が消防職員から教わった心肺蘇生法(心臓マッサージや人工呼吸)を

実践しましたが、みんな予想以上に上手にできていました。

 

 

 

続いてAEDを使用しての除細動です。

「電気ショック」のイメージが強いのか、ちょっと腰の引けていた生徒もいましたが、

みんな正しい知識と技術を学ぶことができました。

 

 

人命は何にも代えがたい大切なものです。

生徒たちも今回の講習を通じて、改めて学んだことでしょう。

 

 投稿者 教育委員会

<前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 

Twitter

カテゴリー

  • むらのできごと:過去のブログはこちらから
  • 赤井川農業通信
  • 役場の組織と仕事 各担当へのお問合せ
  • 北海道電子自治体共同システム 電子申請
  • 「日本で最も美しい村」連合情報
  • 赤井川村気象情報
  • 赤井川村地域包括支援センター