平成27年3月27日(金)『村の駅あかいがわ』OPEN!

 IMG_0638.JPG

 札樽圏とニセコ、道南エリアを結ぶ国道393号(メープル街道393)沿い、赤井川村都地区に「村の駅あかいがわ」が3月27日(金)午前11時にいよいよオープンします!


 村の歴史においてはじめてとなるベーカリーショップの誕生や村の牛乳にこだわったプレミアムバニラ、赤井川産のお米のジェラートをはじめ、テイクアウトコーナーでの食事の提供など、小さな村の新たな取り組みがはじまります。
 また、5月から10月までは、カルデラ盆地の自然の恵みが育む旬の農産物が、地域農家の皆さんが共同で運営する直売所に並びます。


 周辺の田園風景に溶け込む山小屋風の「村の駅あかいがわ」を拠点に、”村内外の人が集い、新しい地域間交流が生み出される場”として、”村の地域資源がつながり、新しい価値が生み出される場”として、村の暮らしと地域経済が持続する仕組みを形成していきたいと考えています。
 

 開業まであと8日間。村の駅を管理運営する指定管理者である赤井川村商工会では職員、スタッフ一丸となって準備を進めています。皆様のご来場、心よりお待ちしています。

<村の駅あかいがわの場所>

 平成26年度赤井川中学校卒業生が総合的な学習の一環として村の情報発信のためにと作成しました”赤井川マップ”で村の駅の場所をご紹介します。

<ご来場に際してのお知らせ>

※国道交差点から村の駅あかいがわの進入路については、3/27AM9:00から供用開始となりますので、ご注意ください。

村の駅位置図.jpg

 


コメントする

Twitter

カテゴリー

  • むらのできごと:過去のブログはこちらから
  • 赤井川農業通信
  • 役場の組織と仕事 各担当へのお問合せ
  • 北海道電子自治体共同システム 電子申請
  • 「日本で最も美しい村」連合情報
  • 赤井川村気象情報