目指せ!新規就農!赤井川農家道2021 Vol.2

みなさん、こんにちは。
赤井川村農業委員会事務局です。


赤井川農家道2021で最初にご紹介するのは、


川野 智彦さん

農家道2021_02_01.JPG


■出身      : 静岡県
■趣味      : 野球
■好きな曲/歌手 : 祈り花/平井 大
■いってみたい場所: アメリカ(メジャーリーグで大谷を見たい!)
■好きな野菜   : アスパラ
■受入先(研修先): 新おたる農業協同組合

 



川野さんは一昨年、東京で開催された新・農業人フェアで赤井川村に興味を持ってもらい、現地見学会に参加し、農業未経験から新規就農を目指す方です。

 

受入先は新おたる農協さんなので、色々な農家さんを回り、自分に合った営農方法を模索していきます。

取材当日は字赤井川の青木農園さんでパプリカの定植作業の研修を行っていました。

 

農家道2021_02_02.JPG農家道2021_02_03.JPG


青木農園さんでは今年からベビーパプリカの作付けを行っているそうです。

ベビーパプリカはその名の通り、小さく種がほとんどないため、肉詰めなどの料理がおすすめ。

一口サイズで可愛らしい見た目になります。こちらの成長も今後追っていきたいと思います!

 

農家道2021_02_04.JPGのサムネイル画像

 

 



それでは川野さんをよく知ってもらうための質問コーナー!

Q.これまでの経歴を教えてください。
A.販売前の新車のテスト走行を行う検査の仕事を経験したのち、自動車部品メーカーで主に営業をやっていました。

Q.農家を目指すきっかけはなんですか。
A.40歳を目前に、残り半分の人生をどうしたいか考えたとき、自分自身でやっていきたいと思いました。

特別な技術があるわけではない自分になにができるかを模索していく中で農家という選択に至りました。


Q.農業研修を受けるとき、誰かに相談はしましたか。その時の反応はどうでしたか。
A.「いいね!」って言う人と「えー!」と驚かれる人が両極端でした。

Q.研修開始前とのイメージギャップはありますか。
A.特にギャップはありません。

Q.赤井川への印象やエピソードがあれば教えてください。
A.寒い。とにかく寒い。4月に雪が降るのに驚いた。

Q.就農に向けての意気込みをお願いします。
A.自分は農家での経験や知識が全くなく、本当に0からのスタートなのでみなさんの助けを借りながら、まずは2年間の研修をやりきります!


今後も、川野さんの研修の様子をお伝えしていきます!
次回は研修生2人目のご紹介です。

 

前の記事はこちら赤井川農家道2021 Vol.1

次の記事はこちら赤井川農家道2021 Vol.3

 

(赤井川村農業委員会事務局)