くらしの情報

児童手当

▼簡単にご覧になりたい方はこちらからどうぞ

 

R3年度 児童手当.pdf

 

◆児童手当の概要

児童手当は、児童を養育する方への手当支給により、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。

 

◆支給対象となる児童

国内に居住している0歳~中学校修了前(15歳到達後の最初の3月31日)までの児童

  • 海外留学している児童も対象となります。

 

◆支給対象となる方

赤井川村に住民登録されている方で、支給対象となる児童を養育している保護者の方です。


(その他)

  • 父母が海外に住んでいる場合は、その父母が国内に住む児童を養育している人を指定すれば(父母指定者)、指定された方に手当が支給されます。
  • 父母が離婚協議中で別居している場合は、児童と同居している父または母に支給されます。
  • 児童福祉施設入所または里親委託の児童については、施設の設置者または里親に手当が支給されます。
  • 児童を養育している未成年後見人がいる場合は、未成年後見人に手当が支給されます。

 

◆支給額 (児童1人につき)

区分 所得制限限度額未満の方 所得制限限度額以上の方
3歳未満 月額 15,000円 月額5,000円
3歳~小学校修了前 ・第1子、第2子 月額10,000円
・第3子以降 月額15,000円
(ただし、第3子以降であっても、児童福祉施設入所 または 里親委託の子は 月額10,000円)
中学生 月額10,000円

 

※児童数の数え方について

養育されている18歳の児童(誕生日から、最初の3月31日までの間)が数えの対象となり、
そのうち年長者から順に、第1子、第2子となります。(支払い対象は中学校修了までです)

例)18歳・16歳・10歳の児 ⇒ 18歳の児→ 0円 (1子、支給対象年齢外)
16歳の児→ 10,000円 (2子、中学生)
10歳の児→ 15,000円 (3子)      計 15,000円

 

◆所得制限

扶養親族等の数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 622.0万円 833.3万円
1人 660.0万円 875.6万円
2人 698.0万円 917.8万円
3人 736.0万円 960.0万円
4人 774.0万円 1002.1万円
5人 812.0万円 1042.1万円
  • 受給者が施設設置者・未成年後見人または里親の場合、所得制限は適用されません。
    (父母指定者の場合は、指定を受けている方(受給者)の所得が対象となります。)

 

◆今年度の支給予定日

支給予定日 支給対象月
6月7日(火) 2~5月分
10月7日(金) 6~9月分
2月7日(火) 10~1月分

 

◆現況届について

現況届は、毎年6月、児童手当を受給されているすべての方に提出していただいております。

この届は、毎年6月1日現在における児童の養育状況や前年の所得状況等を確認し、手当の継続や所得制限の適用などを決定するために必要な手続です。

対象の方には毎年6月上旬に書類をお送りしていますので、当月6月末日までに必要書類を提出してください。

現況届を提出が無ければ、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、忘れずに提出をお願いします。

 

◆手続きが必要なとき

  • 転入・転出されるとき
  • お子様が生まれたとき
  • お子様を養育しなくなるとき
  • 児童手当を寄付するとき
  • 保護者やお子様の情報が変わったとき(進学等を除きます)

このような場合には必ず、窓口でご申請ください。児童手当が適正に受給されない場合がございます。

変更があってから15日以内でのお手続きをされますと、翌月から手当額が変わります。

 

◆手続きに必要な書類

  • 各種申請書、所得審査の同意書(窓口にご用意がございます)
  • 受給者の健康保険証の写し(被保険者番号・記号は不要ですので塗りつぶす等でマスキングしてください)
  • 児童手当をお受け取りされる方名義の金融機関口座が確認できるもの(通帳等)
  • 児童と別居されている場合は、児童を含む世帯全員の住民票

 

 児童手当について、ご不明な点がございましたら下記電話番号へのお問合せ
または赤井川村健康支援センター窓口までお越しください。

 

>>赤井川村健康支援センターについてはここをクリック<<

 

担当:福祉係 fukushi1@akaigawa.com  (電話番号)0135-35-2050

  

戻る