概要

位置・面積

◎位置
北緯 43度04分52秒
東経 140度49分01秒
標高 138.28m
◎面積
280.09平方km
東西26km 南北17km

自然条件

  • 赤井川村は、その四方を山々に囲まれた「カルデラ」状の地形をなしています。
    ※秋のよく晴れた朝には左の写真のように霧が盆地内にたまり、「雲の湖」が見られることがあります。
  • 気象条件は盆地特有の内陸型気候で、冬の積雪は多く、北海道内で有数の豪雪地帯です。
    ※市街地でも最大170㎝にもなります。右の写真はこの「大雪」を利用した「キロロ・スノーワールド」です。
  • 夏は気温が上がりますが、昼夜の寒暖の差が大きく、果菜類の栽培に適しています。
    ※赤井川村では農業が盛んで、中でもメロンやスイカは甘くておいしいと評判です。

主産業・特産物

  • 赤井川村の主産業は、農業と観光業です。農産物の品目は多岐にわたり、北海道で栽培できる農産物は何でも出来るといわれています。
    ※作付面積が多い品目は、米、馬鈴薯、南瓜、スィートコーンなどです。
  • 近年は施設(ハウス)栽培の増加に伴い、野菜の占める割合が増加しています。
    ※上記のほか、ここ数年で花き栽培もはじまり、栽培面積は年々増えています。
  • 現在は、冬期間のウィンタースポーツだけでなく、ゴルフやテニスをはじめ、パークゴルフなど夏期の観光客も増えています。
    また、平成3年にはスキー場を中心としたキロロリゾートがオープンし、観光・サービス業の就業者も増加しています。

村名・村章の起源と由来

■村名の起源と由来

赤井川村はアイヌ語「フレ・ペツ」(赤い川)を意味したものです。明治32年、大江村(現在の仁木町)から分村し、赤井川戸長役場を設置、同39年4月2級町村制施行により赤井川村と称し、現在に至っています。

■村章(昭和43年6月10日制定)

中の菱形は、赤井川村の赤を図案化したものであり、また、整然と区画された八つの形は近代的農業の限りない発展を意味しています。外形の円は、独特の盆地に囲まれた赤井川村の平和と団結を象徴したものです。菱形の緑は、近代的農業を意味し、外形の赤は村民の団結と協調により輝かしい未来を築かんとするエネルギーを象徴するものです。

村名・村章の起源と由来

■村の木 シラカバ

シラカバは「白皮」が語源とされるカバノキ科の落葉樹高木。本州中部以北から北海道にかけて分布している。幹に特徴があり白色で薄く紙状に剥がれ、生乾きでも枝とともによく燃える。「ガンビ」とも呼ばれる。
赤井川村ではどの地域でもよく見られる一般的な木で、村の美しい風景を形成するのに欠くことのできない木。

■村の花 ムラサキヤシオ

低山帯上部から亜高山帯の林縁や雪渓の縁など湿り気の多い所に生える高さ1から3mの落葉低木で、直径3から4cmの濃紅紫色の花を咲かせる。花期は5から6月で、近畿以北で見られる。
赤井川村では一部の山裾でしか見られない貴重な植物。

人口と世帯の推移

 年  人口    世帯数  
明治32年 1,716人
312世帯
大正元年 3,193人
665世帯
大正10年 3,066人
630世帯
昭和元年 3,012人
578世帯
昭和10年 3,592人
550世帯
昭和20年 2,512人
437世帯
昭和30年 3,045人
536世帯
昭和40年 2,527人
519世帯
昭和50年 1,784人
484世帯
昭和60年 1,460人
583世帯
平成2年 1,470人
658世帯
平成7年 1,552人
743世帯
平成12年 1,512人
723世帯
平成17年 1,311人
606世帯
平成22年 1,262人
619世帯