国際交流事業

赤井川村が力を入れている国際交流事業についてお知らせします。

目的・概要・歴史

目的

国際的な視野を持った次代に生きる日本人の育成に資するために、諸外国の人々との交流を通し、広く海外に住む人々の生活や文化を理解し尊重する態度を育成するとともに、我が国の文化と伝統を尊重する態度を培う。また、互いの考えを表現し合う中で、コミュニケーション能力の向上を図る。

概要

現在行っている事業は、北海道教育大学に留学している方々をホームステイしながら村民との交流を図る「冬季国際交流事業」と、中学生を海外(平成13年はオーストラリア)に派遣し同じくホームステイをしながらその国の人々との交流を図る「中学生海外研修事業」です。それぞれの事業については別途紹介しています。

歴史

本村の国際交流は、平成5年度に行われた「環北太平洋の地域研究と異文化理解教育の国際会議」において、会議を主催した北海道教育大学へき地教育研究施設と参加したアラスカ大学フェアバンクス校よりへき地校との交流を行いたいとの申し出から始まりました。
受入初年度となった平成6年度には村内小中学校の児童生徒・教職員とアラスカ大学の大学生5名・教授との交流を主に2日日程で行われました。その後、平成7年度には本村の「国際交流推進委員会」が発足し、2週間のホームステイを中心とした交流に発展。平成8年度には北海道教育大学に「国際交流センター」が設立され、現在は4日間日程でホームステイを中心に児童生徒や地域住民の交流を図っています。また、参加する留学生も当初のアラスカ大学留学生から、現在は中国、ロシア、ウクライナ、エジプトなど多くの国々の留学生が訪れるようになりました。
もう1つの事業の「中学生海外研修事業」は、平成13年度から「外国での生活体験や交流、視察等を通じて国際性・社会性を備えた人材育成」を目的に、平成28年度はオーストラリアに中学生15名と引率者2名の計17名が10日間の日程で実施されました。

  • 国際交流事業
  • 国際交流事業
  • 国際交流事業

ページのトップへ

学校教育係kyouiku3@akaigawa.com0135-34-6211