新着情報

2015.11.11

今月のオススメ図書(2015年11月)

「ミステリ」とは、神秘的、謎、不可思議なこと。

推理小説に始まって多様なメディアで展開されるようになったフィクションのジャンル

 (出典:ウィキペディア)

今月はミステリー小説をご紹介します。「このミステリーがすごい」大賞作品や

ドラマ化原作小説などなどいろいろなタイプのミステリー小説を選んでみました。

みなさんもぜひ一読して、それぞれの作品の世界に浸ってみてください。

 

「ラプラスの魔女」 東野圭吾著

 円華という若い女性のボディーガードを依頼された元警察官の武尾は、

 行動を共にするにつれ 彼女には不思議な《力》が備わっているのではと、疑いはじめる。

 同じ頃、遠く離れた2つの温泉地で 硫化水素による死亡事故が起きていた。

 検証に赴いた地球科学の研究者・青江は、双方の現場で 謎の娘・円華を目撃する__。

 価値観をくつがえされる衝撃。物語に翻弄される興奮。彼女は計算して奇跡を起こす。

 東野圭吾が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリ。

 

「掟上今日子の備忘録」 西尾維新著

 掟上今日子-またの名を、忘却探偵。

 すべてを一日で忘れる彼女は、事件を(ほぼ)即日解決!

 あらゆる事件に巻き込まれ常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介は今日も叫ぶ。

 「探偵を呼ばせてください-!!」スピーディーな展開と、忘却の儚さ。

 果たして今日子さんは、事件の概要を忘れる前に解決できるのか?

 

「満願」 米澤穂信著

 人生を掛けた激しい願いが、6つの謎を呼び起こす。

 人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは__。

 驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、

 フリーライターなど、 切実に生きる人々が遭遇する6つの奇妙な事件。

 入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、

 ミステリー短篇集の新たな傑作誕生!

 

「王とサーカス」 米澤穂信著

 2001年、新聞社を辞めたばかりの汰刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の

 仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。

 現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、

 王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。

 汰刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女をあざ笑うかのように、

 彼女の前にはひとつの死体が転がり・・・。

 「この男は、わたしのために殺されたのか?あるいは__」

 疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは?

 

「バチカン奇跡調査官 黒の学院」 藤木稟著

 天才科学者の平賀と、古文書・暗号解読のエキスパート・ロベルト。二人は良き相棒にして、

 バチカン所属の『奇跡調査官』-世界中の奇跡の真偽を調査し判別する、秘密調査官だ。

 修道院と、併設する良家の子息ばかりを集めた寄宿学校でおきた『奇跡』の調査のため、

 現地に飛んだ二人。

 聖痕を浮かべる生徒や、涙を流すマリア像など不思議な現象が二人を襲うが、

 さらに奇怪な連続殺人が発生し_。天才神父コンビの事件簿、開幕!

 

「異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女」 谷瑞恵著

 独自の意味を背景や小物として絵画に描き込む手法、図像(イコン)。

 英国で図像学を学んだ千景は、 祖父の死を機に日本に戻ってきた。

 祖母が経営する画廊には一風変わった仲間たちが集っており

 人付き合いの苦手な千景は戸惑うばかり。

 そこで千景はある盗難絵画の鑑定を依頼されるが、

 仲介者が昔から気の合わない幼馴染みの透磨だと知って・・・!?

 呪いの絵画をめぐる美術ミステリー!!

 

「心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている」 神永学著

 学内で幽霊騒動に巻き込まれた友人について相談するため、

 晴香は、不思議な力を持つ男がいるという「映画同好会」を訪ねた。

 しかしそこで彼女を出迎えたのは、ひどい寝癖と眠そうな目をした、スカした青年。

 思い切って相談を持ちかける晴香だったが!?

 女子大生監禁殺害事件、自殺偽装殺人・・・

 次々と起こる怪事件に、死者の魂を見ることができる名探偵・斉藤八雲が挑む、

 驚異のハイスピード・スピリチュアル・ミステリー!

 

「イニシエーション・ラブ」 乾くるみ著

 僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて・・・。

 甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説_と思いきや、

 最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。

 「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。

 

 

教育委員会図書は、村民どなたでも借りることができます。

役場1階ロビーにて、毎日午前8時30分~午後5時15分まで

365日役場開庁時間であればいつでも借りられます。

この機会に一度足を運んでみてください。

  投稿者:教育委員会

戻る