農薬の安全・適正使用について

◆農薬の安全・適正使用について、下記の事項をお読みいただき使用して頂きますよう

 よろしくお願い致します。



 (1)散布に先立って

 ①農薬のラベルに記載された適用範囲、使用時期、使用方法、使用上の注意事項等をよく読んで、

 必ず守りましょう。

 ②防除器具のエンジン、ホース、ノズル等を事前に点検、整備しておきましょう。

 ③睡眠と栄養を充分にとり体調を整えるとともに、体調の悪い時には散布作業を避けましょう。

 

(2)散布にあたって

 ①農薬の調製及び散布作業中は、農薬用マスク、防除衣、保護メガネ、不浸透性手袋等を着用

 しましょう。

 ②散布面積に見合った薬量を調製しましょう。

 ③農薬が飛散すると、隣接圃場、人や動物、魚、昆虫等に思わぬ被害を与えます。常に、風向きや

 風速、散布区域の周辺環境に気を配りましょう。

 

(3)散布が終わったら

 ①空容器・空袋等は、他の用途には絶対使用せず、適切に処理しましょう。(野焼きは禁止)

 ②誤飲・誤用の原因になるので、農薬を他の容器への移し替えや小分けは絶対にやめましょう。

 ③農薬は食品と区別し、子供の手の届かない安全な場所に鍵をかけて保管しましょう。

 ④散布後は、よくうがいをし、全身や衣類をきれいに洗いましょう。また、飲酒を控え早めに

 休みましょう。

 ⑤忘れないうちに、防除記録を帳簿に記入しましょう。

 

 ※住宅地周辺で農薬散布する場合の配慮について

  ⇒やむを得ず住宅地周辺で農薬を散布する場合は、住民に迷惑がかからないようにするとともに、

  住宅や宅地に飛散しないように注意しましょう。

 ①事前に農薬の種類や散布日時を連絡しましょう。

 ②散布場所近くで歩行者等を見かけたら農薬散布を中断しましょう。

 ③臭いの強い農薬、かぶれやすい農薬、劇物指定されている農薬はなるべく選択しないように

 しましょう。

 ④粉剤等の飛散しやすい農薬は避けるとともに、飛散を抑制するノズルの使用を心がけましょう。

 ⑤農薬は、無風又は風が弱い時に散布しましょう。

 

 

農政係nousei1@akaigawa.com0135-34-6211