赤中で総合防災訓練実施

12月22日(金)、赤井川中学校で総合防災訓練(防災学習・非常食給食)が

行われました。

今回は吹雪の日に地震が発生し、雪崩により道路が通行止めとなり、

暴風雪のため下校は危険と判断し、校内待機し非常食給食を食べるという

内容で行われました。

ちなみに生徒に事前通知はしておらず、本当に地震が起きたと思った生徒もいたようです。

先ずは11時38分に緊急放送で地震が起きたことを知らされ、生徒は机の下に避難。

 

 

その後、玄関ホールに集合しました。

生徒にはここでネタばらし。

 

 

その後は調理室で非常食の準備を行いました。

 

 

 

非常食ができるまでは、視聴覚室で暴風雪警報発令時、車の中に取り残されたら

どうするのか・・・など、暴風雪災害の知識や対応方法を学びました。

 

 

 

その後は生徒も楽しみにしていた非常食。

この日のメニューはご飯とみそ汁と肉団子(足りない生徒は追加でハンバーグなど)。

 

 

みんなで食事を楽しみながらも、自然災害が起きた時の大変さを学びました。

 

 

 

村内の小中学校は今日が二学期の終業式。

明日からは楽しい冬休みです(受験生やスキー大会出場者は休んでいせれませんが・・・)。

宿題や家庭学習を忘れず、ゆっくりと正月を過ごしてほしいと思います。

 

 投稿者 教育委員会


コメントする

Twitter

カテゴリー

  • むらのできごと:過去のブログはこちらから
  • 赤井川農業通信
  • 役場の組織と仕事 各担当へのお問合せ
  • 北海道電子自治体共同システム 電子申請
  • 「日本で最も美しい村」連合情報
  • 赤井川村気象情報
  • 赤井川村地域包括支援センター