桜のお手入れ

開村80周年を記念して都地区に植樹された桜をご存じでしょうか?

 

 桜の生育環境を守るため、6年前(くらい?)から都区会のボランティアで下刈りを行ってくれており、今日が今年の作業日ということでお話しを伺ってきましたのでご紹介します。

 

 

DSC01662.jpg

休憩中の図

 

 この活動は、住んでいるのが道道や国道の沿線ではないことから区会で行う「花いっぱい運動」になかなか協力できないということがあって、替わりに何かできないか?といったことが地域で話し合われたことがきっかけでした。

 

 植樹地は約500m2あり、最初の頃は笹だらけで草刈りも相当苦労されたようです。今では牧草も生え、小さな桜も芽吹くほどになりました。

 

 今日作業されていた4人も「管理するようになって、かなり花も混み合ってきたので春の赤井川村の名所になれば」と語っていました。※途中用事でお一人が抜けてしまったので写真は3人となっています。

 

 ココは村の一般廃棄物最終処分場をすぎて左に向かうとあります。来年の春に訪れてみてはいかがでしょうか?(広報で写真を紹介したいなとは思っています。いい写真が撮れればですが…)

 

 

「美しい村」は地域の皆さんの活動に支えられていると改めて実感させて頂きました。

 

投稿:総務課企画広報係

  

Twitter

最近の記事

カテゴリー

  • むらのできごと:過去のブログはこちらから
  • 赤井川農業通信
  • 役場の組織と仕事 各担当へのお問合せ
  • 北海道電子自治体共同システム 電子申請
  • 「日本で最も美しい村」連合情報
  • 赤井川村気象情報